弊所の特徴

弊所は弊所理念を実現するために、下記の如く他の特許事務所と大きく異なる
「弁理士2名による共同作業体制」を特徴としております。

弊所   一般的な特許事務所
2名の弁理士が全ての案件に対して共同して対応   案件ごとに担当者が決まっている
2名の弁理士が全ての案件の内容・進捗状況を把握   案件の内容・進捗状況は担当者しか把握していない
依頼者との打合せ(原則、弁理士2名が対応)   依頼者との打合せ(担当者1名で対応)
各種書類の作成
(全ての案件に対して各弁理士が案を作成した後、互いの案を持ち寄り、協議を重ねて内容をブラッシュアップして最終確定)
  各種書類の作成
(全て担当者が1名で作成、内容の検討も担当者の自己チェックのみ)

上記のとおり、弊所は全ての業務を有資格者である弁理士が責任をもって行います。 また、弊所は、依頼者との打合せを始め、案件に関する全ての事項について程度の如何に関わらず必ず2名の弁理士が共同して対応する体制となっております。
従って、検討が重ねられた内容の充実した書類をご提供することが可能となります。

これに対して、一般的な特許事務所はその規模の大小に関わらず、1つの案件を1名の担当者が担当しています。つまり、依頼人との打合せを始め、各種書類の作成や特許庁への対応を1名の担当者で対応(処理)しています。
従って、作成した書類のチェックは作成した担当者による自己チェックだけとなってしまい、記載内容をブラッシュアップすることは難しくなります。 また、特許事務所の中には弁理士の他に弁理士資格を有さない「特許技術者」という所員を雇用し、このような無資格者が所長弁理士の名前を借りて実質上、全ての業務を行っている事務所もあります。